ソースコードがまともに書ける掲示板の設置について

ソースコードがまともに書ける掲示板の設置について

2014年1月22日 at 15:51

ミーティング #1 で出た意見は以下の通りです。

- コードはGitHubとかGitsでいいのでは?
- DocWiki に情報をリンクできないか?
- (ブログの記事を書いている側からすれば) 掲示板に同じ内容の記事を書こうとは思わない。古い記事はなおさら。
- ブログの記事をフィードするだけでも随分違うんじゃ?

Tags:

Re: ソースコードがまともに書ける掲示板の設置について

2014年1月22日 at 15:53
「情報少ない」と書く人が後を絶ちませんが、日本語で書かれた資料は結構あります。エンバカさん公式のものでも
DocWiki
セミナー資料
デブキャン資料
ホワイトペーパー
Youtube 動画
Team Japan ブログ
と、かなりの量があります。これらに目を通していれば、よほど特殊な事をやるのでない限り「情報が少ない」という発言にはならないと思います。

XE2 が発売された直後の事ですが、こんな質問がありました。 「私はFireMonkey 初心者なので詳しく教えてください」 XE2 発売直後なので誰もが FireMonkey 初心者である事は明白であるにも関わらず、です。現状欠如しているのは 相互扶助 の概念です。情報を提供する方はずっと提供する側、質問される方はずっと質問する側...つまり二極化してしまっています。

現在のコミュニティは "質問する場" になってしまっています。「FDELPHI は~」と仰る方はよく思い出してください。あの頃は皆が試行錯誤を繰り返し、互いに質問し、サンプルコードやサンプルソースを公開していたでしょう?ググって情報が出てくるのは誰かが情報をアップしているからです。誰もがググる側に回ってしまったらどうなるかは自明です。 「もう一回相互扶助のできるコミュニティを作りましょうよ」 という事です。

情報の集約については、例えば個人ブログサイトの記事のフィードを掲示板の記事として流すだけで随分違うと思います。ブログ記事執筆者は同じ内容の記事をユーザー会の掲示板に流す必要はなく (ご自分で流してもいいですけれど)、ユーザ会が許可を貰って記事へのリンクをフィードするというのがいいかと思います。delphifeeds.com の日本語版的な役割も担うといった感じですね。単なる情報のフィードであればブログ形式でもいいのかもしれませんが、やはりコメントやソースコード等も書けた方がいいですよね?そうなるとやはり "掲示板的なものの設置" となると思うのです。

私見をまとめた資料は以下にあります。

[DUG の掲示板についての要望と 既存の各コミュニティについて]
http://ht-deko.minim.ne.jp/Delphi/DUG/DUG_BBS.pptx...
 

Re: ソースコードがまともに書ける掲示板の設置について

2014年2月4日 at 9:51
”情報の集約” についてですが、例えば Android 機でのアプリ動作情報とか、機種固有の USB デバッグモードを設定する方法とか、そんなのでもいいと思うのですよね。
 

Re: ソースコードがまともに書ける掲示板の設置について

2014年2月22日 at 7:22
数式については MathJax を組み込めばいいかもしれませんね。

[MathJaxの使い方]
http://genkuroki.web.fc2.com/